つみき

家具家電付きの賃貸ならすぐに生活をスタートできる

引っ越しに必要になる予算

部屋

初期費用を抑える方法

新しい住居に引っ越す際、不動産屋で探すことになりますが、引っ越し代とは別に家賃や敷金、礼金に仲介手数料といったお金が必要になります。引っ越しには家電や家具の購入など、とにかくお金が必要になってくるので、少しでも節約したいところです。そのため、物件に必要なのは家賃ですが、もし必要な敷金や礼金なしがあれば随分と楽になるでしょう。賃貸物件を借りる際に必要となる礼金は、部屋を貸してくれる大家にお礼の気持ちを込めて渡す、昔ながらの週間のひとつです。一般的に家賃1ヶ月分相当が相場とされ、謝礼であるため、敷金のように退去時に返却されることはありません。こうした習慣を守ることも大切ですが、近年では必要ないとする大家もいるので、上手く活用すれば引っ越しの初期費用を抑えることができます。礼金なしの物件は不動産会社に紹介してもらう際に、条件として伝えれば良く、それを元に物件を案内してもらえます。また、最近ではインターネットの普及によって、ネット上で賃貸物件を探すこともできるようになりましたが、仲介業者が礼金なしを中心に取り扱うことも多くなっています。非正規社員など若者にとって引っ越しはしたいけれど、手持ちが少ないといった人向けの物件が豊富です。一部の仲介業者では礼金なしの物件しか扱わないなど、大家よりも店子に良い条件のものを集めていることが多いので、活用してみると良いでしょう。また、敷金や礼金を大家と直接交渉して引き下げてもらうなど、使い方次第で初期費用の削減もできます。